レーザー脱毛のメカニクス

レーザー脱毛はメラニン色素に吸収される波長のレーザーによる脱毛だ。毛根にはメラニン色素が多く含まれている結果、レーザーが放散されると情熱を保ち、こういう情熱で毛髪女性細胞が崩壊され、毛髪が甦生しなくなるシステムだ。
レーザー脱毛で働きを得るにはメラニン色素が含まれた毛根が必要になります。皮膚の上っ面に出ている、毛髪リズムの伸展期です毛根には手広く含まれていますが、ストップ期や退行期には総じて含まれていません。こういう伸展期の毛髪は全体の2割程度と言われており、短期間におんなじ部位に放散を繰り返しても効果はありません。ストップ期や退行期の毛髪が上っ面に伸びるまでに2、3か月要する結果、そのタイミングで次の放散を行います。
また、メラニン色素は皮膚にも塞がり、これが多いと皮膚にレーザーが吸収されやすくなってやけどを起こす危険性がある結果力量を落とします。毛根が持つ情熱も下がり、毛髪女性細胞に達するダメージも小さくなる結果脱毛働きが弱くなります。そのため、脱毛日数間は日焼けしないように計画した方が効率が良くなります。